家族とお金のマジメで貧乏なまとめ

旦那の給料だけじゃやっていけない、でもやりくりしている。なんでこんなに貧乏なんだろう?という主婦たちのマジメな声。

袋分けでやりくり

雑誌の節約企画などでよく見かける方法ですが、お金を費目ごとに袋分けして予算管理をするのが私には向いています。家計簿をつけてしっかり予算管理・振り返りをするのが望ましいと思いますが、私は家計簿をつけるのが続きませんでした。○○費○円と封筒にお金を分けていくことで、使ってもよい金額の残額が常にわかるようになり、使いすぎということがなくなりました。また、貯金も先にしてしまい残った金額で生活をする、と決めるというシンプルなことも大事だと思います。

予算を決めることが大事!

毎月の生活費を決めてその中でやりくりするようにしています。費目ごとに予算配分して、余った分は貯金へ回す。急な出費分は貯金から出し、生活費自体は変えないようにしています。旦那の小遣いは月2万円。少ないですが今は我慢してもらっています。予算を決めていると今月ちょっと使いすぎだなとか、もっと締めていかないととか意識できるので節約にも役立ちます。また家計簿も結婚してからずっとつけているので、これもやりくりのコツかなと思います。

やりくりの仕方

旦那の給料だけでやりくりしていくのは大変です。第一は節約です。節約できる所はなるべく節約していくことが大切です。まず食費は一ヶ月でいくらと決めています。それ以上はかからないようにメニューを考えたり、その日に使うのであれば見切り商品を使用したりしています。光熱費はなかなか節約することは難しいですが、付けっぱなし流しっぱなしにしないようにしています。使う時に付ける、流すようにするだけでも違ってきます。やりくりしていく中でも節約ばかりでは窮屈になってしまうので、娯楽の部分も月2回とかで外食や遊びの部分も作っています。旦那の給料にもよりますが家族が楽しく生活していけるような節約をしやりくりをしていくよう心がけています。

お金のありがたみを知ってお金に敬意をはらう

まず、ボーナスは貯金する。月々の給料の中で使える金額を決める。一ヶ月は4週間あるので使える金額を4等分して封筒に分ける。一週間の予算内でまず、絶対に必要な物のみ買う。余ったお金で緊急性は無いけど欲しい物を買う。特に欲しい物が無いときは貯金。肉や魚は、値引きをしてからまとめて買って冷凍する。食料の買い出しは週1にする。そうすれば余計な物を買う機会が減る。野菜は、旬の物を買う。その方が安い。箱ティッシュは、1枚を半分に切って使用する。惣菜はまとめて作って冷凍する。時短にもなる。

カードローン審査甘いところの審査が早くて助かりました。

フォトサンプル

コツコツ貯金
金持ちと貧乏の差

ページのトップへ戻る